大学留学・大学院留学なら留学ベストガイド.com

大学留学・大学院留学なら留学ベストガイド 留学ベストガイド
 
トップ留学最新情報留学の基礎知識海外大学紹介人気の専攻科目スペシャルインタビューよくある質問と回答留学相談
 
 
大学院留学の基礎知識

大学院留学で本格的なキャリアアップを目指そう
 
語学留学や短大・大学留学経験者は決して珍しくなくなった時代になりつつあります。以前は企業派遣という形でのアメリカMBA留学を検討する方が多数いましたが、現在では、個人での大学院留学として様々な分野で専門知識を得ようという方が急増しています。留学先も、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの様々な大学院への留学を検討する方が増え、多様化する社会を反映しています。どの国、どの分野で大学院留学するにしても、企業が求める「使える英語力」と専門知識を同時に習得するには大学院留学が最適な留学形態です。
 
日本においても終身雇用や年功序列の時代が終わり、本当の意味での個人の実力が問われる時代になりました。大学院留学では、授業の一環として行われる、ディベート、プレゼンテーション、グループプロジェクト、リサーチ等を通して、専門分野の知識習得だけではなく、世界共通語の英語を高いレベルで身につけることができます。欧米では大学を卒業した後にキャリアアップの手段として大学院進学するという考えは非常に一般的です。イギリスやオセアニアの大学院留学は1年間という短い期間で実現できるので、ある程度の英語力と予算があれば、十分に実現可能な留学プランです。実力社会になりつつある日本においても、大学院留学という手段は今最も脚光を浴びている留学形態です。
 
  大学院留学で「使える英語力」と専門知識を同時に身につける
 
大学を既に卒業している方で、これからのキャリアアップには英語力、コミニケーションスキル、専門知識が不可欠だと感じているのであれば、大学院留学が最適の手段です。大学院留学の最大の特徴は、一つの専門分野を掘り下げて勉強するということです。その結果、世界で通用する専門知識が身につきます。また、大学院留学は、短大、大学留学と違い、授業でディベート、プレゼンテーションスキル、リサーチスキルが問われるので、英語でのコミュニケーション能力が身につくだけでなく、将来職場で使える英語力を自然に身につけることができます。誰でも体験できる語学留学と違い、ネイティブの学生や世界中から集まる留学生と競い合って完成することのできる大学院留学だからこそ可能なことなのです。
 
  身近になった大学院留学
 
日本の大学をある程度の成績で卒業していて、中・上級の英語力がある場合、大学院留学を実現することは充分可能です。日本やアメリカの大学院修士課程は2年間ですがイギリスやオセアニアの大学院は1年間で修士課程を修了することができます。年間費用(授業料及び滞在費込み)も200万円〜300万円程度で大学院留学を実現することができますので、1年間語学留学をするのと同じくらいの予算となります。同じ時間と費用をかけるのであれば、大学院留学を実現して、卒業後に世界で通用する欧米の大学院卒業資格を取得した方が就職には断然有利です。
このページの先頭へ
大学院留学を成功させるための第1歩は目的意識をしっかり持つことです。

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの大学院には100以上の専門分野があります。まずは、大学院留学で「何を学ぶか」をできるだけ明確にし、将来のキャリアプランを描いてみよう。

 
大学院留学では、様々な学位、専攻分野があり、日本の大学院では学べない専攻も数多くあります。同じ学部の同じ専攻でも、カリキュラムを調べてみると学ぶことが大きく違う、そんなことも稀にあります。また、どの国で勉強するかによっても、大学院留学の方向性は異なってきます。大学院留学では、特定の分野を深く掘り下げて専門的に勉強するので、将来のキャリアプランを明確にし、それを実現する為に大学院では「何を学ぶべきか」をじっくり考えてみましょう。目的意識をしっかり持って大学院留学を決めることが、ハードな大学院留学を成功させる為の重要なステップとなります。
 
  ビジネス関係の大学院コースで学ぶ
 
大学院留学で最も人気の専攻科目はビジネス関連の科目です。将来のキャリアを考える時、一般企業で働いているというイメージを抱く方が多いからだと言えます。しかし、企業派遣が多かった一昔前の大学院留学事情とは大きく異なり、名門ビジネススクールに入学しないと意味が無いと考える方の割合は年々少なくなる傾向にあります。ビジネススクールのトップ校は年間400万円以上の費用(授業料及び滞在費)がかかると言われています。そこまでの費用をかけずに、語学留学よりも確実に自分の為になる大学院留学をしたいと考える層が確実に増えているからです。ビジネス全般のことの勉強よりも、特定の分野、或いはコミュニケーション学や地域研究等に軸足を置いてのビジネス関連の分野を学びたいという方が数多くいます。
 
  意外と知られていないビジネス関連の大学院学位
 
ビジネス関連の大学院留学専攻科目を考えたとき、MBA(Master of Business Administration)が最も有名な経営学修士課程として思い浮かぶでしょう。このコースでは、まさしく会社を経営するために必要な知識を専門的に学びます。会社経営に必要な会計学、マーケティング学、広告学、経済学といった学問を幅広く学び、その後、国際ビジネス、スポーツ経営学、E−ビジネスといったより特化した経営学を学びます。実は、MBA以外にも、MSc、MA、Master of Commerceという名称の違う大学院修士課程の学位があり、職務経験の有無、GMATスコアの有無、国別特徴によって、入学方法は異なります。一般的に、MBAは職務経験が必要とされますが、アメリカの場合は職務経験無しで入れるMBAが数多くあります。一方、イギリスやオセアニアでは、MBAに入学するには3年程度の職務経験が必要とされます。MAやMScは職務経験を必要としないコースが多いので、新卒の方にはこれらの大学院コースがおすすめです。また、MBAの多くがGMATを要求するのに対し、MAやMScはGMATを要求しないケースがほとんどです。MBAはビジネス全般を幅広く勉強するので、最近では、職務経験やGMATスコアがあってもあえてMAやMScを選択し、より専門性を高めようとする方も多くいます。特に、MA Human Resource(人事)、MSc International Business(国際ビジネス)、MA Marketing(マーケティング)のような大学院分野が人気です。

  職務経験 GMAT 専門性 学費
MBA 2〜3年 必要 全般的 高額
MA/MSc/MCom 不要 不要 専門的 中価格
 
  大学院留学で英語教授法を習得する
 
大学院留学後、就職に直結した大学院の学位をイメージした場合、必ず上位にランクインしてくる分野が英語教授法です。英語の先生としてのキャリアアップを目指すには英語圏の大学院で英語の教え方を学ぶのがベストだからです。この分野は受験英語に偏りがある日本が遅れをとっている分野としても有名です。TESOL(Teaching English as Second Language)と通常呼ばれますが、現在、英語学校や短大で、TESOLのディプロマコースを開講しているところもありますが、世界的に通用する資格は大学院で学ぶTESOLだけです。TESOLは大きく分けると、言語学系(Linguistic)、教育学系(Education)があり、教育学系のTESOLの方が門戸が広く実践的なカリキュラムになります。授業の中でも指導案をプレゼンしたり、教育実習も必修科目に含まれています。言語学系は研究色が強く、カリキュラムもSyntax(統語論)、Semantics(意味論)等も含まれてきてきます。アメリカのTESOLはGREを必要する大学院が多いですが、要求してこない学校もあります。イギリス、オーストラリア、ニュージーランドのTESOLプログラムはGREを要求しませんが、通常2年以上の職務経験が必要とされます。これらの地域では修士課程は1年間で修了できますので、短期間で修士課程を修了したい方にはおすすめです。
 
  国際関係学や開発学を学び、将来国際機関で働く
 
大学院留学後のキャリアとして、国際連合(国連)やJICA(国際協力機構)のようないわゆる国際協力という分野でのキャリアを目指す場合、海外の大学院で修士課程を取得することが重要視されています。アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの大学院で学ぶことにより、専門知識のみならず、英語でのコミュニケーション能力を高めることが可能だからです。特に人気の分野が国際関係及び開発学ですが、理論のみならず環境開発、経済、政治、教育といった観点から幅広い研究を行います。この専攻には、現役の途上国の政府関係者や、政府に派遣された優秀な学生から、先進国の国際協力を目的に来ている学生も多く参加しているため、現場の声を聞けることも魅力です。この学部の入学条件の特徴として、GREを要求しない大学院が多く、大学での専攻も関連分野である必要はありません。また、国別特徴としては、特に開発学や平和学の大学院研究に関してはアメリカよりもイギリスの大学院が発達していると言われています。
 
  法律関係を学び、専門知識を高める
 
海外の大学院で法学関係を学ぶ場合、ビジネス法関連の勉強をして企業への就職を目指す場合と人権法等を専門として国際協力の分野で活躍しようとする場合に別れます。アメリカでは、法学や医学は大学院レベルで学びます。法学系大学院で取得できる学位は、法学修士(LLM)と、法学博士(JD)があり、前者が1年間、後者は3年間で取得できます。アメリカで弁護士として働くためには、JDを取得するケースが多いですが、入学条件にLSATと呼ばれる法学系の大学院志願者のためのテストを受けなければなりません。LLMは、LSATを要求しない場合も多いですが、法学部を卒業している必要があります。一方イギリスやオセアニアの法学修士は通常1〜2年間で終了することができ、LSATは要求されません。また、法学部を卒業していなくても入学可能なコースもあり、アメリカよりも門戸が広く開かれています。
 
  環境学を学び、国際協力の場で活躍
 
大学院留学後のキャリアとして、環境保護に携わる仕事をしたいという方が増えています。この専攻は環境保護から国際協力まで幅広く学びますが、大きく分類すると、Environmental ScienceとEnvironmental Studiesに分けることができます。Scienceは理系的要素が強く、環境の中でも水、土、大気の研究に特化しており、カリキュラムもリサーチ、分析を主に行うことが特徴です。一方Studiesの方は、文系的要素が強く、国際関係や国際摩擦といった国際間の問題を扱います。また、国際関係学や開発学を専攻科目とし、その中で自分の専門分野(Specialization)として環境問題を取り扱うというアプローチも可能です。大学院留学後、民間企業、公務員、国際機関、NGO団体等、幅広い分野での就職が考えられます。
 
  海外で心理カウンセラーの知識を幅広く学ぶ
 
日本で臨床心理士になる為には日本の臨床心理士資格試験に合格する必要がありますが、分野的に日本が世界に遅れを取っているので大学院留学を目指す方が多いようです。日本では臨床心理士という職種が一般的ですが、海外では、より細分化された専門分野及びに職種があります。例えば、海外の大手企業には心理カウンセラー常駐の職場は珍しくありません。そういった企業専門のカウンセラーを「企業カウンセラー」といいます。また、日本ではまだ心理療法士に相談にいくことは珍しいことですが、海外では気軽に心理療法士に相談にいきます。その際家族の心理的ケアを専門に行う、「ファミリー・マリッジセラピー」という専攻もあります。このように海外の大学院では、心理学のさらに踏み込んだ分野を学ぶことができます。日本よりも海外の方が進んでいる分野で大学院留学を検討する例の一つです。
 
  専攻が変わるケース
 
大学院留学をするにあたって、大学で勉強した分野と別の分野を大学院で勉強することは、基本的に可能ですが、2つの分野がどれくらい異なるかが重要になります。例えば、経営学や国際関係学は、基本的に大学での専攻がなんであってもあまり問題はありません。実際、大学では工学系や科学の勉強をしていても、大学院では経営学や国際関係学を学ぶ学生は数多くいます。しかし、その逆は大変困難なものとなります。アメリカではバックグラウンドが不足していると判断された場合、事前に学部レベルの授業をいくつか取り、全ての授業を一定の成績で修了することを条件に大学院への入学が許可されます。一方、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの大学院留学では、専攻を変える人の為に、ファンデーションコース、ディプロマコース等が用意されています。イギリスやオセアニアの修士課程は1年間のものが多いので、仮に初年度は「準備コース」へ入学したとしても、合計2年間で修士課程を修了することが可能です。
このページの先頭へ
  国別特徴
 
 
多くの分野で最先端をいくアメリカの大学院は、世界中から優秀な人材が集まっています。修士課程は通常2年、博士課程は4年間ですが、一年間の修士コースや、4年以上の博士コースもあり多種多様です。また、必修科目にインターンシップが組み込まれていたり、卒業後のプラクティカムトレーニングとして有給の職務経験もできるなど、実践的なプログラムもアメリカ大学院の特徴です。
さらに詳しく見る
 
 
カナダの大学院は基本的にアメリカと同じ制度で、修士課程は通常2年間、博士課程は4年間の大学院が多くありますが、州によって若干制度が異なります。アメリカ同様、実践的なカリキュラム及びプラクティカルトレーニング制度もあります。比較的費用が安く教育水準が高いカナダの大学院は非常に魅力的ですが、入学難易度が非常に高いというのが留学生にとっては大きなハードルになっています。
さらに詳しく見る
 
 
イギリスの大学院は、1年間で修士課程を修了することができます。また、直接修士課程に入学できない場合は1年間の大学院準備コースに参加してから2年目に修士課程に参加することができます。留学生の受け入れ態勢が整っているので上位校への入学も充分可能です。
さらに詳しく見る
 
 
オーストラリアやニュージーランドの大学院はイギリス型の制度を取り入れていて、修士課程は1年間で修了でき、専門を狭く深く学ぶという特徴があります。ただし、個々の大学院コースにより特徴があり、必ずしも1年間の期間に統一されているわけではなく、1年半や2年間のコースも数多くあります。また、入学時期が年に2回あるコースも多く、費用が比較的安い為、留学生にとって魅力的な大学院留学先です。
さらに詳しく見る
このページの先頭へ
 
短大・大学留学
  アメリカ
カナダ
イギリス
オーストラリア
&ニュージーランド
   
大学院留学
  アメリカ
カナダ
イギリス
オーストラリア
&ニュージーランド
   
専門・大学授業聴講
・インターンシップ留学
  アメリカ
カナダ
イギリス
オーストラリア
&ニュージーランド
戻る
 
 


留学体験談
 
星川 雄一郎さん Voice.01

ニュージーランドに留学中の
星川 雄一郎さん
   
英語が苦手だった自分が今、留学生活をフルに満喫している。
   
   
   
東 理恵さん Voice.02

アメリカに留学中の
東 理恵さん
   
素晴らしいルームメイト達に助けられ、自信をつけた異国生活。
   
   
   
 
大学院留学・大学留学
大学院留学・大学留学